2011年10月22日

業界初の科学技術との融合! 犯罪サイズまで陰茎増大が可能!

●メンズニュース

【マグネットメンズボクサー】陰茎増大効果330%以上!
陰茎増大といえばサプリを思い浮かびますが、業界初の電子科学の応用したスパッツが発売されました。

いったいどんなスパッツなんでしょうか?


素粒子の持つ基本的な性質のひとつで、量子力学適自由度で、素粒子が自転していると考えることにしてスピンと呼ぶそうです。

電荷をもった粒子が磁界内で運動すると力が発生し、電子は磁界内で力を受けることが発見され、電子が回転しているように見えることからスピンと名付けられています。


これは、アルカリ金属の発光スペクトルの研究中に、電子は磁界内で受ける力には2種類の力があり異なったスピンが存在することが1942年パウリによって発見されました。

スピンとは量子力学上の粒子が持っている本質的な角運動であり、粒子の質量の回転運動ではないことに注意しなければなりませんが、電子の場合は点粒子であり、古典的な自転とはことなり、機械的な運動量としてベクトルで表示できません。


しかし、電子には2種類のスピンがあるそうで、上向き下向きと呼ばれています。

その他の素粒子、中性子にもスピンがあり、1940年パウリは空間の回転に量子力学の原理を適用すると角運動量の値は半整数に限定され、ポーズ粒子は整数にフェルミ粒子は半整数になることを証明したそうです。


スピンには上向きと下向きの2種類があって、磁界に反応しない磁性を持たない物質は、原子の軌道に各々同数のスピンの向きを持った電子があり、全体としては、中性になっていますが、鉄原子の場合、第三軌道にスピンが同じ向きの電子4個が不足していることが、鉄が磁界に対して強い反応をする原因だそうです。


陰茎にもスピンの向きを持たせることで磁界に対して強く反応させることが可能となるそうです。

そのため、まずは陰茎に第2集超伝導体により、磁力線の内部進入を部分的に果たしますが、量子力学的効果によって起きていると考えられており、基本的な仕組みはBCS理論によって説明されるそうです。

これが電子スピンを応用した磁力による陰茎増大パンツマグネットメンズボクサーだそうです。


なんか難しくて「ようわからん」という声が聞こえてきそうですが、簡単にいうと、鉄は常に電子スピンという現象にさらされているそうです。

鉄電子のスピン方向が統一されているためです。

そのため、この製品の磁力成分が陰茎のスピン方向を統一させることにより、陰茎を電子スピンの状態にするということです。

電子スピンの状態で陰茎に電荷がかかりマッサージ効果、イオン増大効果、クーロンの法則による強制運動効果により、陰茎増大を図るそうです。


1、陰茎が磁界に強い反応をすれば、磁力が陰茎の血液中イオンを増やし、イオンが神経に働きかけることでマッサージ効果を発生

2、この効果を長時間連続で受け続けることにより、サプリメントの瞬間的効果とは違い、継続的効果として1日中増大効果を受けることができる。


最近ちょっと気になる商品です。



【マグネットメンズボクサー】陰茎増大効果330%以上!!※2個購入で送料無料!!【アメリカヤ2号館】




僕のアニメLife

アイドル情報&アイドルグッズマニア

おもちゃ・ホビーを大特集!

生活・インテリア向上委員会
タグ:陰茎増大
posted by toppmen at 12:14| ペニス増大器具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。